天空侵犯

『天空侵犯』(てんくうしんぱん)は、 三浦追儺(原作)、 大羽隆廣(作画)による日本の漫画。高層ビル群を舞台に主人公の本城遊理や、その仲間たちと仮面たちとの戦いが繰り広げられるサスペンス作品。 女子高校生の本城遊理は、突然学校から高層ビルへ飛ばされてしまい、そこで仮面を被った者による殺人を目のあたりにする。他にも、周りの者は次々に仮面に殺されるか、自殺を図っていた。遊里もその動揺から兄の理火に連絡をとるが、自分もその場所に飛ばされていることと、この世界は現実であって地上には降りられず、ビルの上層階を接続する吊り橋でのみ移動できる、と伝えられる。初めこそ怖気づいていた遊理は、理火と合流することを目標に行動し始めるのだった。
4