ヴィジュアルプリズン VISUAL PRISON

『ヴィジュアルプリズン』(VISUAL PRISON)は、A-1 Pictures制作による日本のテレビアニメ作品。 音楽、それは想いを繋いだ絆であり、人同士を繋ぎ、数々の障壁を乗り越えて人に思いを伝えていくもの。それとなる力は、人ならざるものであるヴァンパイアを変えるものかもしれないと思われるものだった。高い知性、そして美貌を備えている永遠の命が存在し、闇に生きつつ愛する音楽を歌い、様々にものを生み出していった。また、人間はアーティストの多くが人ならざるものであることを知らずに音楽に熱狂した。それは「ヴィジュアル系」とも呼ばれるものでもあった。現代において、ヴァンパイアは日本・東京のハラジュクに集まり、年に一度、彼らの宴である「ヴィジュアルプリズン」を開催する場所を示した紅い月の下、彼らの能力は高まっており、プリズンと呼ばれる結界の展開および舞台の生み出しから、観客を彼らのパフォーマンスで魅了していく。毎年10月の宴の日には「最も美しい歌」を「紅い月」へと捧げた者は、大きく強い力を授かっていくのだった。願いを叶え、己の音楽を示そうと、それを愛する人々のために様々な思惑を持った彼らが寄りあうハラジュクに奇跡の歌が響いていく物語が始まる
6