銀魂

江戸時代末期、「天人」と呼ばれる異星人達が襲来した。まもなく地球人と天人との間に十数年にも及ぶ攘夷戦争が勃発。数多くの侍、攘夷志士が天人との戦いに参加した。そんな時代で変わらない「魂」を持った最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時、彼の友―志村新八、神楽と一緒に万事屋を営みています。笑えて、泣けて、感動できる物語が始まった。
7