双星の陰陽師

『双星の陰陽師』(そうせいのおんみょうじ)は、助野嘉昭による日本の漫画。『ジャンプスクエア』(集英社)にて2013年12月号より連載中。2021年3月時点でシリーズ累計発行部数は500万部を突破している。
少年陰陽師焔魔堂ろくろはトラウマから夢を諦め漫然と日々を過ごしていた。ある日突然少女陰陽師化野紅緒と共に陰陽頭土御門有馬に「双星の陰陽師」の称号を与えられる。「双星」の役割とは人類の宿敵「ケガレ」との戦いに終焉を齎す「神子」を生むべく、夫婦になることだった。2人は反発するが共に過ごすうちに互いのトラウマを乗り越え、絆を深めていく。
9